崖☆日記

資格取得、読書、etc

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牙を研げ 会社を生き抜くための教養



前回読んだ「悪魔の勉強術」と同じようなテーマが書かれていた。
宗教に対する理解が乏しいのでお勧めしていた「ふしぎなキリスト教」を読んでみる。


出版社:講談社(講談社現代新書)

ページ数:288ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:140分

目次:
第一章 中間管理職のための仕事術
第二章 ビジネスパーソンのための宗教入門
第三章 論理力を鍛える
第四章 教養としての地政学
第五章 貧困と資本主義
第六章 ビジネスパーソンのための日本近現代史
第七章 武器としての数学
おわりに 体験的読書術
スポンサーサイト

なれる!SE16 2年目でわかる?SE入門



今回で最終巻。
予想外の最後だったが、今までの話を上手くまとめて完結させていたので大満足。
それとアマルダの社長の台詞を通して日本企業への技術に価値を置いていない実態を批判していた部分や
あとがきに書いていたことが全巻通して言いたいことだったようにも感じた。


出版社:アスキーメディアワークス(電撃文庫)

ページ数:248ページ

評価:★★★★★

読むのにかかった時間:90分

目次:
レイヤー1
レイヤー2
レイヤー3
レイヤー4
クロージング

悪魔の勉強術



二十歳前後で読んでいたら良かったのにと思うような内容。
一つのテーマに年1500時間当てるくらいの学習を今までしたことがあったか。
大学受験期の3年間トータルで数学なら1500時間やったかもしれない程度。
試しにこの3連休で図書館に通ってみたが、トータルで14時間。
休日5時間は可能な数字かと思えるが、平日3時間を捻出するのは結構難しそうに感じる。
氏の他の著作も読みあさりたいと思えた。

出版社:文藝春秋(文春文庫)

ページ数:310ページ

評価:★★★★★

読むのにかかった時間:150分

目次:
第1講 天国か地獄か
第2講 天使のように貪欲に
第3講 悪魔のように勤勉に
第4講 復活の日に向けて

ロシア革命




出版社:岩波書店(岩波新書)

ページ数:256ページ

評価:★★★☆☆

読むのにかかった時間:145分

目次:
第1章 一〇〇年前のロシア
第2章 二月革命―街頭が語り始めた
第3章 戦争と革命
第4章 連立政府の挑戦
第5章 連邦制の夢
第6章 ペトログラードの暑い夏
第7章 コルニーロフの陰謀?
第8章 ギロチンの予感
第9章 十月革命

ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行



シベリア鉄道関連でヒットした本。
前半戦のシンガポール→マレーシア→タイ→ミャンマーは電車の記述が多いが、
中国からは茶の歴史を軸とした鉄道旅になっているように感じた。

出版社:KADOKAWA(中経の文庫)

ページ数:382ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:170分

目次:
第1章 最南端駅からアジアの風に吹かれて北上千九百二十キロ
第2章 ようやく開いた土煙の国境道三百四十キロ
第3章 激しい揺れとダニにやられるミャンマー列車千六百八十キロ
第4章 茶葉を追いつつ中国縦断五千百八キロ
第5章 マイナス二十度の草原を北上、千七百三十五キロ
第6章 寝ても覚めてもタイガのシベリア。最北端駅へ七千九百五十三キロ
附 章 万里茶路を行く

夫婦で行く意外とおいしいイギリス



中高年向けのパック旅行案内であり、面白みに欠ける。
起きたことをそのまま書いているような印象。

出版社:集英社(集英社文庫)

ページ数:353ページ

評価:★★★☆☆

読むのにかかった時間:140分

目次:
エジンバラ
セント・アンドリューズとブレア城
インヴァネスとスペイサイド
ネス湖からローモンド湖へ
グラスゴーとハドリアヌスの長城
湖水地方の自然と美
ハワースからヨークへ
チェスターとストラトフォード・アポン・エイヴォン―ハ
コッツウォルズの田園風景
バースとストーンヘンジ
オックスフォードとウィンザー城
ロンドン

ロシアは今日も荒れ模様



ロシア関係の本(シベリア鉄道、ロシア語など)を多読しているが、その中で一番気張らずに読める本だった。

出版社:講談社(講談社文庫)

ページ数:288ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:155分

目次:
第1章 酒を飲むにもほどがある
第2章 反アルコール・キャンペーンの顛末
第3章 その前夜
第4章 連邦壊れてまだ日の浅ければ
第5章 肖像画コレクション
第6章 ロシア人との交渉術
エピローグ 日本海を挾んでボケどうしの漫才

ラーメンWalkerが厳選! マニアも納得の東京うまいラーメンベスト100




東京生活もまだまだ長くなりそうなので購入。
大昔ムック本で東京、神奈川のベスト100本をコンプしたことがあったので
新しい情報で食べ歩いてみようかと思う。


出版社:中経の文庫(KADOKAWA/角川マガジンズ)

ページ数:160ページ

評価:★★★★☆

続きを読む »

IoTとは何か





出版社:角川学芸出版(角川新書)

ページ数:239ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:80分

目次:
第1章 IoTの登場
第2章 IoTの実用化とその可能性
第3章 オープンとクローズ――日本の選択
第4章 IoT社会の実現と未来

ルポ トランプ王国――もう一つのアメリカを行く



反知性のポピュリズムが選ばれたステレオタイプな分析が信じられずに読んでみた。
読み進めていくとアメリカの話ではなくて日本の話かと思えるような感覚になる。
自分は東北の過疎部出身なので、トランプを支持したアメリカ中部の人が実家近所の普通のおじさんと変わらないと思えた。
グローバル化しても守りたいモノがどこの国にもある。
日本でも近い将来に起こりえるのではないだろうか。

出版社:岩波書店(岩波新書)

ページ数:272ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:125分

目次:
プロローグ――本命はトランプ
第1章 「前代未聞」が起きた労働者の街
第2章 オレも、やっぱりトランプにしたよ
第3章 地方で暮らす若者たち
第4章 没落するミドルクラス
第5章 「時代遅れ」と笑われて
第6章 もう一つの大旋風
第7章 アメリカン・ドリームの終焉
エピローグ―大陸の真ん中の勝利

 | ホーム |  »

プロフィール

崖☆狗

Author:崖☆狗
所有資格:
<国家資格>
普通自動車免許(1種)
危険物取扱者(乙種4類)[1998/8/12]
第二種情報処理技術者
初級システムアドミニストレータ
工事担任者(デジタル1種)[2000/1/17]
国内旅行業務取扱管理者[2006/11/1]
総合旅行業務取扱管理者[2007/11/27]
ソフトウェア開発技術者[2008/6/16]
電気通信主任技術者(伝送交換主任技術者)[2008/9/11]
技術士一次試験[2011/12/20]
<国家検定>
知的財産管理技能検定3級
ウェブデザイン技能検定試験3級
<民間資格>
実用英語技能検定 2級[1995/1]
画像情報技能検定 CG部門2級[1999/12/20]
画像情報技能検定 マルチメディア部門2級[1999/12/20]
実用数学技能検定 準1級[2010/8/4]
歴史能力検定 2級日本史[2014/1/20]
ウイスキー検定 2級[2015/1/7]
<ベンダー資格>
Java SE7 Programmer I 試験(OCJ Silver)
LPIC Level1
ORACLE MASTER BRONZE DBA(11g)
OSS-DB Silver
UMLモデリング技能認定試験(L2)
UNIX(Solaris)アソシエイツ試験(SCSAs)
JP1認定エンジニア
Cosminexus認定アプリケーションエンジニア
※[]内は取得日または合格日
現在エントリー中の資格:
なし
結果待ちの資格:
なし

カテゴリ

SJC-P (8)
SJC-A (6)
SCSAs (6)
L1 (6)
L2 (3)

ブログ内検索

amazon

資格試験受験之ブログ

素人が目指す電気通信主任技術者
Author:9さん/電気通信主任技術者試験受験者

観客動員数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。