FC2ブログ

崖☆日記

資格取得、読書、etc

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

脳を鍛える!計算力トレーニング



帯に書かれている『「34×72」を一瞬で暗算できますか?』が目に入って購入。
第2章のおみやげ算と第7章の九去法は初めて知った。
その他の方法は高校生時代にわりと使っていた計算回避方法だった。
この手の計算をやって脳の錆が多少とれたような感覚になれた。

出版社:平凡社(平凡社新書)

ページ数:190ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:150分

目次:
第1章 暗算術を習得して計算に強くなる
第2章 かけ算の暗算術その1―九九の拡張
第3章 かけ算の暗算術その2―かけ算のさまざまな暗算術
第4章 たし算と引き算の暗算術
第5章 割り算の暗算術
第6章 小数、分数の暗算術と割合計算
第7章 検算を極める
最終章 総まとめテスト

「日本人の神」入門



古事記本を読んだ後、神社や神道についての理解が必要と思い購入。
日本史を体系的に学習した時に知った本地垂迹説の解説で
元々日本にいた神様は仏教で言うところのどの仏様とのことで理解していた。
ただ、東照大権現の時代になっても本地仏として薬師如来が選ばれていたことなど、
明治以前の神仏習合した日本の宗教観が今のとは全く違っていたことがよくわかった。


出版社:講談社(講談社現代新書)

ページ数:256ページ

評価:★★★★★

読むのにかかった時間:135分

目次:
第1章 場所性をもつ日本の神 一神教との対比
第2章 怖れられた皇祖神・天照大神
第3章 戦慄すべき八幡神
第4章 日本的三位一体
第5章 出雲大社と大国主、そして出雲国造
第6章 神を祀るということ
第7章 人を神に祀る
第8章 日本的一神教

なぜ、地形と地理がわかると世界史がこんなに面白くなるのか




移動先の駅内の書店にあったので手に取った。
見開きで1テーマに地図が1つ載せているスタイルで、
移動時のちょっとした読書向きな内容。
出来事と地理的なつながりが頭にない初心者の自分には意味があった。

出版社:洋泉社(歴史新書)

ページ数:193ページ

評価:★★★☆☆

読むのにかかった時間:95分

目次:
第1章 文明の起こりと帝国の誕生
第2章 ヨーロッパの台頭と一体化する世界
第3章 帝国主義と世界大戦、そして戦後

カラー版 信州―自然と学びのガイド



先週末に長野県に仕事を兼ねた小旅行に行った際に読破。
今回は往路は小海線を使って小諸、上田、長野市、
復路は飯山線で新潟県十日町まで千曲川を眺めながらの旅行。
長野県は広いのでまだまだ行ってない場所も多い。
夏くらいに未訪の伊那方面は行ってみたい。

出版社:岩波書店(岩波ジュニア新書)

ページ数:193ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:75分

目次:
1 アルプスのパノラマに沿って
2 ふるさとの風景を歩く
3 文学と美術を味わう
4 ものづくりの町を訪ねる
5 こんなところも歩きたい

パスタでたどるイタリア史




着眼点が面白いテーマだったので手に取った。
各国史を縦線として知っていると、別個に学習中の高校世界史との交点がいくつもあり楽しく読めた。
このシリーズの各国史がフランス、ドイツも出ているのでそちらも合わせて読んでいきたいと思った。

出版社:岩波書店(岩波ジュニア新書)

ページ数:228ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:115分

目次:
はじめに―日本のパスタ事情
第1章 麺が水と出会うまで
第2章 文明交流とパスタのソース
第3章 貧者の夢とエリートの洗練
第4章 地方の名物パスタと国家形成
第5章 母と子の思い
第6章 パスタの敵対者たち
おわりに 歴史の中のパスタ

京都の神社と祭り





出版社:中央公論新社(中公新書)

ページ数:256ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:120分

目次:
第1章 京都を代表する神社・祭と都市の歴史
第2章 平安京以前の古い信仰と神社
第3章 都市・平安京に生まれた新しい信仰と神社
第4章 平安後期以降に生じた地域の守り神への信仰
第5章 平安京以前から続く祭
第6章 平安京の都市構造と結びついた祭
第7章 平安後期から鎌倉期の祭
第8章 南北朝期から室町期の祭
第9章 戦国期から安土桃山期の祭
終章 近世から近代、そして現代へ

戦争の日本近現代史




歴史においてのアンチパターンを何個か見つけることができた。


出版社:講談社(講談社現代新書)

ページ数:296ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:175分

目次:
第1講 「戦争」を学ぶ意味は何か
第2講 軍備拡張論はいかにして受け入れられたか
第3講 日本にとって朝鮮半島はなぜ重要だったか
第4講 利益線論はいかにして誕生したか
第5講 なぜ清は「改革を拒絶する国」とされたのか
第6講 なぜロシアは「文明の敵」とされたのか
第7講 第1次世界大戦が日本に与えた真の衝撃とは何か
第8講 なぜ満州事変は起こされたのか
第9講 なぜ日中・太平洋戦争へと拡大したのか

日本鉄道史 大正・昭和戦前篇




第3章で1920年代の私鉄沿線の宅地開発を見ると、既に今の街の枠組みが出来上がっていたことに驚かされた。

出版社:中央公論新社(中公新書)

ページ数:228ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:135分

目次:
第1章 帝国の鉄道
第2章 興隆する国有鉄道
第3章 都市化のなかで
第4章 大陸へ、ヨーロッパへ
第5章 大恐慌下の鉄道
第6章 鉄道の戦時動員

古事記を読みなおす



職場で古事記に詳しい人から「古事記を勉強してください」と言われて購入。
今までの自分の知識では神代の時代くらいしか知らなかったが、後半部分にワカタケル(雄略天皇)からオケ・ヲケ兄弟→継体天皇に繋がる話が書かれてあったのを初めて知る。

出版社:筑摩書房(ちくま新書)

ページ数:301ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:145分

目次:
序章 なぜ古事記を読みなおすのか
第1章 青人草と高天の原神話
第2章 出雲の神々の物語
第3章 天皇家の神話
第4章 纏向の地の物語
第5章 五世紀の大王たち
第6章 滅びへ向かう物語
終章 古事記とはいかなる書物か

ドイツリスク





出版社:光文社(光文社新書)

ページ数:244ページ

評価:★★★★☆

読むのにかかった時間:135分

目次:
はじめに 危うい大国ドイツ
第1章 偏向したフクシマ原発事故報道
第2章 隘路に陥ったエネルギー転換
第3章 ユーロがパンドラの箱をあけた
第4章 「プーチン理解者」の登場
第5章 中国に共鳴するドイツの歴史観

«  | ホーム |  »

プロフィール

崖☆狗

Author:崖☆狗
所有資格:
<国家資格>
普通自動車免許(1種)
危険物取扱者(乙種4類)[1998/8/12]
第二種情報処理技術者
初級システムアドミニストレータ
工事担任者(デジタル1種)[2000/1/17]
国内旅行業務取扱管理者[2006/11/1]
総合旅行業務取扱管理者[2007/11/27]
ソフトウェア開発技術者[2008/6/16]
電気通信主任技術者(伝送交換主任技術者)[2008/9/11]
技術士一次試験[2011/12/20]
<国家検定>
知的財産管理技能検定3級
ウェブデザイン技能検定試験3級
<民間資格>
実用英語技能検定 2級[1995/1]
画像情報技能検定 CG部門2級[1999/12/20]
画像情報技能検定 マルチメディア部門2級[1999/12/20]
実用数学技能検定 準1級[2010/8/4]
歴史能力検定 2級日本史[2014/1/20]
ウイスキー検定 2級[2015/1/7]
<ベンダー資格>
Java SE7 Programmer I 試験(OCJ Silver)
LPIC Level1
ORACLE MASTER BRONZE DBA(11g)
OSS-DB Silver
UMLモデリング技能認定試験(L2)
UNIX(Solaris)アソシエイツ試験(SCSAs)
JP1認定エンジニア
Cosminexus認定アプリケーションエンジニア
※[]内は取得日または合格日
現在エントリー中の資格:
なし
結果待ちの資格:
なし

カテゴリ

SJC-P (8)
SJC-A (6)
SCSAs (6)
L1 (6)
L2 (3)

ブログ内検索

amazon

資格試験受験之ブログ

素人が目指す電気通信主任技術者
Author:9さん/電気通信主任技術者試験受験者

観客動員数